夜中に目が覚めて眠れない。この対処法でとりあえず眠れるようになったよ!

夜中に目が覚めて眠れない。この対処法でとりあえず眠れるようになったよ!

健康と美容
記事内に広告が含まれています。

年齢のせいか、夜中に目が覚めるようになりました。そして2時間くらい寝られない。

「寝なきゃ」と焦れば焦るほど眠れないし、朝起きると寝足りないし昼間眠い。

そんな状態が続いてました。

それがあることをきっかけに目が覚めなくなりました。

目覚めてもすぐ眠ることができるように。

▼正解かどうかは分からないけど、私が試した方法がコレ▼

・夕食後は、スマホを見る時間を減らした
・パソコン作業は夕方5時には終わらせる
・夕食後は手仕事を楽しむ
・寝る前に読書を30分くらい
・就寝は22時30分以降に

一時は病院に行って薬をもらおうかと悩んだりもしたけど、お薬要らずでいい感じが続いているのでこのまま様子を見ようと思っています。

パソコン、スマホなどの「デジタル作業」の時間に制限をかける

わからないことがあるとネットでチャチャッと調べる。

スマホがあればすぐに答えが分かって便利です。

わからない言葉もスマホで一発でわかっちゃうから、辞書引く手間なし。

だけど、便利すぎて一日に何十回も調べたりすることを続けたら脳は疲れちゃいますよね。

寝ようと横になっても脳は営業中みたいな感覚で、全然眠くならない。

寝たと思っても1時間半くらいたつと起きちゃうんです。

体は眠たいのに脳は起きてるみたいな変な感覚になります。

そこで意識してデジタル作業に閉店時間を設けて頭と体に「ボチボチ寝るよ~」と声掛けしているところです。

夕食後に手仕事の時間を持つ

小さいときから手先を使う作業が好きでした。

いつしか子育てに追われ、手仕事をする時間が減りました。

でも時々ミシンで小物や服を作ると「できた!」という達成感で気持ちがスッキリするんです。

それで「いつか作ろう」と買い貯めしていた切り絵や刺し子のキットをひとつずつ完成させることにしました。

いつもは年に1~2個のペースで完成していたところが、ものすごいペースで作品が完成しつつあります(笑)。

私が愛用しているのは生協のカタログですがベルメゾン、フェリシモでも手作りキットを手に入れることが出来ます。

▼ベルメゾンはこちら
【ベルメゾンネット】毎月「わくわく」をお届け!頒布会のマンスリークラブ

▼フェリシモはこちら
couturier [クチュリエ] 手づくりのときめきを、もっと身近に、くらしの中へ

寝る前の読書タイムを作る

楽天Koboなどの電子書籍は、読み終わった本を処分する手間もいらないし「便利だなぁ~♪」と思っていた時期もあったのですが、画面を見続けるので目が疲れます。

やっぱり紙の本の方がいいような気がして、本棚にある本を引っ張り出して読んだりしています。

夫の本も大半は処分したのですが、気に入ったタイトルのものは残して、少しずつ読むようにしています。

紙のにおい、指でページをめくる音を聞いていると心がリラックスする気がして。

30分くらい読むとウトウトし始めるので、すかさず布団に入っています。

就寝は22時半以降に

もともと私は夜ふかしが苦手で、何も予定がないと21時に寝てしまうくらいでした。

ですが最近は1時間半~2時間くらい寝ると目が覚めてしまうようなのです。

21時に寝ると日が変わる前に目覚めてしまい、残念な気持ちになります。

なので少し夜更かし気味になるまで頑張って起きています。

夜中の2時くらいに目覚めることが多いですが、またすぐに眠れているのでしばらくはこのスタイルを続けるつもりです。

夜中に目が覚めて眠れない対処法まとめ

ママ友と話していても「そうそう、私も夜中に目が覚めるよ」と同じ悩みを持っている人が多いみたい。

薬を飲んでいる人もいるし、気にしない人もいます。

私も2月~4月の体調が悪く、めまいやアレルギーで悩んでいたので不安もあって眠れなかったのかもしれません。

いまは夜中の2時に目覚めてもすぐに寝て、次は4時半くらいに目覚めます。

早起きは平気なので、今はカラダも心も調子がいいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました