巨大本棚を解体。やっと壁が見えた

巨大本棚を解体。やっと壁が見えた

雑記
記事内に広告が含まれています。

夫が亡くなって2年半。

いまだに遺品整理中です。

収集性のある人でとにかくモノが多い。

やっとこさ本の整理の目処がついて壁面収納の本棚の解体に着手したところ。

壁一面を覆う壁面収納の解体

幅120cm、高さ180cmの本棚。

さらに上置きがついたものが2セット。

マンションだから天井も高いし、低身長の私にはかなりの難敵でした。

夫も耐震対策をバッチリしてたみたい。

突っ張りのアジャスターが固すぎて私一人じゃ無理。

息子たちの手も借りて

なので上置きを取っ払うのは次男の帰省を待って手伝ってもらいました。

上置きと本棚はズレないように鉄棒で接続されてて、なかなか上置きを外すことができず次男も悪戦苦闘。

外してもらった上置きは、解体して粗大ゴミに持ち込み。

錆びたビスのおかげで非常事態に

次は本棚…と思ったらビスが錆びついて外れない。

板にできないとわが家のコンパクトカーには乗らない。

さて、困ったぞ。

不本意だけど諦めて不要品回収業者(便利屋さん)に頼もうか。

見積もりを依頼してみる。

そしたら、

  • 家から出して処分場に持っていくのは二万前後かかる
  • 市の大ゴミ回収の前日に家から出して回収場所に出すのは一万から一万五千円くらい

とのこと。

「本棚2本でこんなに高いの!」

でも自分でできないから仕方ないかぁと一瞬諦めました。

でも周りから「それは高すぎるやろ」ということになり、いろいろ考えて錆びたビスの部分をノコギリで切断。

残りはいつも通りビスを外して解体できたので、あとは車に乗せて処分場に持っていくだけ。

大量の板を車に運ぶのに何往復かかるんだろう。

今回は大変そうです。

粗大ごみに出したらミッション完了

あとは粗大ごみに出すだけ。

それにしても夫はひとりで本棚組み上げたんだもん。

よくやったもんだなぁ。

自分の部屋を壁面収納にするって彼の願望だった。

引っ越して半年後には3面の壁を本棚にしちゃったもんね。

立派な本棚だったので、別の部屋で使おうと思ったんだけど下の方がカビで背板がボヨヨンになってて諦めた。

大きな壁が出てきたので、そこには長男のベッドを置くつもり。

次は夫の部屋と長男の部屋を入れ替える予定です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました