マイネオmineo回線譲渡のやり方|スマホ代は自分で払う方式に

マイネオmineo回線譲渡のやり方|スマホ代は自分で払う方式に

家計管理
記事内に広告が含まれています。

スマートフォンの料金プランは家計に大きな影響を与えます。

特に、家族が複数のスマートフォンを使用している場合、料金プランの管理はさらに複雑になります。

わが家のスマートフォン料金は、家族でまとめて支払っています。

mineoという格安スマホ回線を利用していますが、次男も成人したのでそろそろ個人で携帯料金を支払ってもいいと思うのです。

回線譲渡とは

調べてみるとmineoでは「回線譲渡」の手続きをすれば、私が管理している息子たちの回線をそれぞれに分離することができるとのこと。

回線譲渡とは、mineoの契約者が自分の回線を他の人に譲ることを指します。これにより、譲受人は新たな契約を結ぶことなく、既存の回線を利用することができます。特に家族間での譲渡の場合、手数料は無料です。

回線譲渡に必要なもの

回線譲渡を行うには、以下のものが必要です。

  • 譲渡人(現在の契約者)と譲受人(新しい契約者)の本人確認書類
  • 譲渡人のmineoマイページへのアクセス
  • 譲受人が18歳以上で、本人名義のクレジットカード(支払い方法の登録に必要)

回線譲渡の手順

  1. 譲渡人の手続き
  • 譲渡人はmineoマイページにログインし、「回線譲渡」の申し込みを行います。
  • mineoから譲渡人と譲受人宛に「お申し込み受付」メールが送信されます。
  • 譲渡人はメールに記載された「受付番号」を譲受人に伝えます。
  1. 譲受人の手続き
  • 譲受人は「お申し込み受付」メール内のURLにアクセスし、受付番号を入力します。
  • 同意事項に同意し、受付を完了します。
  1. mineoの事務処理
  • mineoでの事務処理が行われ、名義変更の手続きが開始されます。この手続きには約2週間かかります。
  • 手続き完了後、譲受人に「契約内容通知書」が郵送されます。

自分で払えば生活費を実感しやすい

回線譲渡することで、今までの家族割がどうなるか?など、しばらく様子をみていく予定。

高校生まではひとまとめで管理するほうが楽だったけど、これからは自立を考えないといけません。

生活するうえでどれくらいお金がかかるかってのも子供たち自身で体感してほしい。

月々いくら通信量を支払っているのか、知らないし、iphoneがどんだけ高いか、自分で購入しないからわからないんです。

若い子たちはみんなと同じような機種が欲しくて「買い替えたい」と言いますが、最新機種なんてびっくりするほど高いんですよね。

携帯の通信量も自分で払って、機種変更の際も値段を知ってほしいなと思います。

学生なので、当面お金の出どころは家計からですが、金額を知るのは大事なこと。

少しずつ自立への準備を進めていきたいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました