老後資金を計算してみた

老後資金を計算してみた

スポンサーリンク
[広告] 当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。

「老後資金2000万円」が話題になっているけど、実際のところ、どれくらいのお金があれば安心して生活できるのか気になるよね。

そこで、自分の状況をもとに計算してみたよ。

ねんきんネットで自分の年金を計算してみる

まず、ねんきんネットで確認したところ、65歳からもらえる年金は月7万円だって。毎月の生活費はざっくりと15万円としてみる。

7万円-15万円=マイナス8万円

すると、毎月8万円が不足する計算になるね。これを1年で考えると、96万円の不足。さらに、20年生きた場合は1920万円が必要ってことになる。

これを見ると、「老後に2000万円必要」という話は、そんなに突拍子もない話ではないってことね。

生活費で削れるところはあるのか?

年金額はおそらく増えることはないだろうから、減らすとすれば生活費。

現在は固定費で15万。食費などのやりくり費で7万。合わせて22万円ほどかかってる。見直す余地はありそう。

息子たちのスマホ代や保険料など、まだ家族で支払っている費用を個人払いに切り替えることから始めてみよう。大学卒業まで私が払うのには変わりないけど、計算上,

家計から外すことができるので、かなりの節約になるはず。

長男が同居していることでかかっている水道光熱費。彼が出て行った後にどれくらい減るか。夏場のエアコン代など意外と大きな節約につながるかも。

マンションの管理費や光熱費については、確かに固定費としては大きな出費ではある。

夫が亡くなって住宅ローンが完済されている今、売却してコンパクトな住まいに変えることも一つの選択肢かもしれない。

ただし、将来的に孫たちが里帰りすることを考えると、空き部屋を持っておいた方がいいかもしれない。

15万円の固定費をどう見直すか。現状を考えると少し厳しいかも。

でもまだ10年ある。少しずつ節約できる部分から始めてみて徐々に調整していこうと思う。

まとめ

今回、実際に計算してみて、どれくらい老後資金が不足しているのかがわかった。

想定している生活費と現状のギャップにも気づくことができたし、課題は山積みだけど10年という時間があるので、その間にできることがあるはず。

夫が残してくれた預金はあるけど、そのまま銀行に預けていても増えない。運用も活用しながら増やす努力をしてみたいと思う。

コメント