お墓どうする?わが家は納骨堂に決めました

お墓どうする?わが家は納骨堂に決めました

[広告] 当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。

菩提寺があって先祖のお墓があるんだったら、納骨のときも悩むことはないと思いますが、わが家のような核家族の場合、お墓選びはちょっと悩みました。

一番簡単なのは、葬儀屋さんに紹介してもらったお寺さんの檀家になること。
そうすれば法事などその後の行事も教えてもらえるし、行事のたびに悩むこともなくなるんだろうな…とは思っていたのですが、結局檀家に入りませんでした。

なので自分で探さないといけなくなって、身近な人に話を聞きまくりました。

先のことを考えて納骨堂に決めました

夫のお墓を決めるときに、墓石は建てたくないなと思ってました。
子どもたちが将来どこに住むかわからないし。

夫が亡くなった当時子どもたちは学生で、将来のことも未定な状態。
こんな状態で、お墓建てちゃったら子どもたちの身動きが取れなくなるなーと思って。
遠方に住んでてもお墓のお世話で帰ってくるのも大変だろうと思って。

それで納骨堂にしました。

今はそれでよかったと思ってます。
屋内なので、雨に濡れることもないし草むしりもしなくていいしね。

リビングに置いた小さな仏壇に語りかけたり、買い物の途中に納骨堂に立ち寄ってお参りしたり、そんな感じです。

高齢の両親と実家のお墓

実家のお墓が日当たり良くて草がよく育つ(笑)ところなので、いつも草むしりに行ってた。
実家のお墓のことがなければ、高齢の両親をこっちに呼び寄せたいな~と思っているのだけど。
親世代はお墓のことを心配しがちね。

とはいえ数十年後、親たちがお墓に入った後の墓守をどうするのか…
両親は、遠方にいる弟(長男)に託すような話をしてたけど、弟夫婦も大変だよね。

私も両親と同じ県内とはいえ、車で1時間半くらいかかる距離。
日帰りで草むしりはできなくはないけど、暑さと腰バキバキで車運転して帰ることを思うと気が重いです。

とにかく今を生きなければならないので

基本的に我が家は転勤族。
20年前に引っ越してきて、子どもの進学などで家を購入。
たぶんずっとここで生きていくんだろうけど、長年この土地に住んでいる人たちとはやっぱり違う。

私はここにいても息子たちがどこで暮らすのか。
それはこれから決めればいいこと。

自由に羽ばたいて欲しいし、そのためにお墓にはせず、納骨堂という選択をしました。
何が正しくて、何が間違いということもない。
契約した納骨堂は15年経ったら合祀になり、いつもお参りしている場所の隣に祀られるとのこと。
同じ建物の中で手を合わせる場所が変わるということ。

割り切っていると思われるかもしれないけど、私にはまだ息子たちが独り立ちするのを見届けなければならない。
夫もきっと将来ある息子たちに目を向けて欲しいと思っているはず。
なので、今を懸命に生きようと思います。

コメント