iDeCo自分年金

iDeCo自分年金

スポンサーリンク
[広告] 当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。

2018年6月からiDeCoの積立をしています。

5年9か月コツコツ続けています。

2024年3月現在の運用益は?

最近、株価が上がっているので運用益も増えています。

順調に増えていますが、コロナのときにはどーんと下がりました。

それでも利回り9%超えているから「われながら凄い!」と画面を見てニヤニヤしてしまいます。

年金受給年齢まであと10年あるので、それまでは良かったり悪かったりするんでしょうけど、どれくらいまで育っていくのか楽しみです。

iDeCoを始めったきっかけ

結婚後ずっと専業主婦だった私は、友人の紹介でアルバイトをすることに。2018年の4月のことです。

それまでは夫の給料でやりくりしていました。

夫はつねづね「ダンナが汗水たらして働いたお金で奥様たちが昼間っから高級ランチにいくってどうなの?」と私に問いかける人でした。

なので家計からお小遣いをもらう勇気がなく、自分の貯金を崩しながら服や化粧品を購入してたわけです。

久しぶりに自分で稼げることが嬉しくて、もらう給料の中から

  • 自分の健康に関することを1つ
  • 将来のために積立をする

この2つをすると決めていました。

なので、健康のためにはカーブス、積立はiDeCoを始めたのです。

ちょうど楽天証券の口座を持っていたので、楽天証券でiDeCoの口座を開設。

主婦の積立上限の23000円を毎月積み立てることにしました。

アルバイトは扶養の範囲だったので、税制優遇などのメリットは特にありません。

主婦にはそれほどメリットがないと言われますが、年金がもらえる年齢になった頃に自分年金としてもらえるのを楽しみにしています。

もらったバイト代が少しでも形として残れば嬉しいかな~という程度です。

iDeCoは被保険者種別に注意

iDeCoの面倒なところは、年金の被保険者種別が変わったらその都度変更届をださなければならない点です。

被保険者種別というのは

  • 第1号被保険者
    日本に住んでいる20歳以上60歳未満の自営業者、農業や漁業に従事している方、 その配偶者、及び学生 等
  • 第2号被保険者
    厚生年金保険の被保険者(会社員など)および共済組合の組合員(国家公務員、地方公務員、私立学校の教職員など)
  • 第3号被保険者
    第2号被保険者の被扶養配偶者で、20歳以上60歳未満の方

で、当時専業主婦だった私は第3号被保険者でした。

その後、

  1. 夫が亡くなり第1号被保険者となる
  2. フルタイムの仕事を始めたので、第2号被保険者となる
  3. 仕事を退職したため、第1号被保険者に戻る

というように、3回も年金の被保険者種別を変更しました。

被保険者種別の手続きは時間がかかる

被保険者種別を変更するには変更届を証券会社に送るのですが、手続きが完了するまでに1ヶ月~2ヶ月ほどかかります。

タイミングが悪ければその間の掛金は引き落とされず、積立が飛びます。

翌月にまとめて引落などはないので、損した気分になります。

夫が亡くなった時、年金事務所で国民年金の手続きはしたものの、iDeCoの手続きのことは知らずにしばらく放置していました。

iDeCoから「引き落としができません」の通知がきてはじめて被保険者種別の変更が必要ということを知りました。

なので、転職したとき、退職したときは素早く手続きを開始したのですが、転職時は面倒くさかったです。

用紙を取り寄せたあと、会社を通して支社から本社に送り、本社で記入してもらった用紙を受け取るのに1週間。それから証券会社に送付でした。はっきりいってもどかしいです。

一番スムーズだったのは退職したとき。退職が決まってすぐに手続きをしたので、積立が飛ぶことなく変更できました。

将来を楽しみにコツコツ貯めます

被保険者種別にてこずったものの、今ではコンスタントに積立を継続しています。

いったん軌道に乗ってしまえば、引落口座の残高不足にだけ気を付けていればいいので、楽です。

先日iDeCoの掛金の積立期間が65歳未満から70歳未満にあがったとのこと。

長く積み立てられることはいいことだけど、その頃には受け取りたいかもね。

未来の自分の体調とも相談です。

掛金は専業主婦上限の23000円ですが、いまは第1号被保険者だし、もう少し掛金を増やしてもいいかもね。

フリーランスで仕事をするので、税金対策にもなるし。

コメント