ネットの買い物、クレカ払いしたくない友人

ネットの買い物、クレカ払いしたくない友人

スポンサーリンク
[広告] 当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。

友人は、同じマンションのご近所さん。
今のマンションに引越して以来、いろいろ助けてもらっている。

すごくありがたいんだけど、ちょっと面倒なことがある。
距離感がちょっとね…

どうしてもクレカ払いしたくない友人

ネットの買い物は自分で払うのが基本だよね

実店舗で買うよりも、ネットで購入した方が早いし安いものがあるよね。
例えばスマホケースとか小物とか。楽天市場やAmazonの方がゆっくり選ぶことができる。

決済方法は、例えば楽天市場なら

  • クレジットカード
  • 銀行振込
  • 代引き
  • コンビニ決済

などがある。多分Amazonも似たような感じ。

私の場合、楽天市場でちゃちゃっと検索してクレカ決済で購入することが多い。

住んでいるところが田舎なので、店に行っても欲しいものがあるとは限らない。
店をはしごして収穫なしで疲れるよりも、欲しいものがはっきりしているならピンポイントで狙えるのがネットのいいところだと思ってる私。

ネットで買い物がクレカ使いたくないときの彼女の行動

そんな話をしていたら、彼女も買いたいものがあるという。
小銭入れが欲しいらしい。
「楽天市場の会員じゃないから、よさそうなものをいくつか選んで教えて」と頼まれたりする。

で、いくつか提案してみる。
そうすると大きさや色について、どーのこーのを繰り返し、欲しいものが見つかったとする。

あとは楽天に登録して購入すればいいと思うけど、クレカは登録したくないという。

クレカは持っているけど使いたくないらしい。
銀行振込やコンビニ決済は振り込まないと発送されないので、届くのが遅くなるから嫌。

などと言われても、「じゃあ、どうしたいの?」と言いたくなる。

最終的に代引きを勧めると「手数料がもったいない」という。

結局、私が立て替えてクレジット払いをし、彼女が現金で即座に払う。
すぐ清算してくれるので私にとっては痛くもかゆくもない話ではある。
でも商品を選ぶところから始まるので、商品が決まり、支払うまでにかなりの時間を費やすことになる。

おまけに「個人情報が心配」とのことで楽天会員にもなっていない。
このパターンを数回繰り返しているので、さすがにこっちも面倒くさくなってくる。
楽天カードは作らなくてもいいから、楽天会員になって自分で何とかしてほしい。
クレカ払いが嫌なら、コンビニ払いでも代引きでも自分で完結してほしいんだけどね。

友だち頼みを続ける友人

先日、彼女に対してちょっと意地悪なことをしてしまった。

いつものように「スマホケースを買いたいんだけど、おすすめないかしら?」と連絡がきた。
条件はスマホの機種だけ。
予算も何もない。

なので「機種名 スマホケース 手帳型」で検索してでてきた順に3点、商品紹介した。

スマホケースを買うということは、機種変更したのかな?と思って。
丈夫で材質のよいレザーのものだったので3000円前後のものを。

どうやら予算オーバーだったようだ。
しばらく音沙汰なくて昨日会ったときに「友達に買ってもらった」と言って、新しいスマホケースを見せてきた。

「ちょっと高かったかな。予算がなかったし。スマホ新しくしたのかと思って」
としら~っと言ったら
「ボロボロになったから買い替えたかったのよ。もう少し安いものがあったからね」
だって。

値段を重視している人ってことは私も知ってたよ(笑)

値段について反応があるかと思っていたけど、今回は私に頼むのを諦めたみたい。
きっと別の友人は商品決定まで付き合わされたんだと思う。

支払の問題もあるけど、かまってほしいんだと思う

家で仕事をしていることもあり、彼女の買い物に付き合うと無駄に時間がかかるのが最近の悩み。

日頃の付き合いもあり、お金も払ってくれるので喧嘩するほどのことでもない。
事前に商品が決まっていて「決済だけお願い!」と頼まれると「いいよ」というかもしれない。

ただ、買い物したいモードの彼女に出会いたくないのが正直な気持ち(笑)
出会ってしまうとがっちり捕まって、延々とあーだこーだに付き合わされる。

服買いに行くときも決めきれない優柔不断な人なのだ。
そういう人はネットの世界でも同じ。

こっちは生活がかかっているので、自分には関係ないことに時間を使いたくない。
おそらく彼女は買い物もしたいけど、話し相手になってほしいんだと思う。
親の介護などでストレスたまっているのも知ってるから。

とはいえ、こっちもねぇ…という感じ。

ときどき相手になりながら、ときどき高い商品をおすすめして別の友達の所に行ってもらうか…(笑)
歳をとってくると助けてもらうこともあるかもしれないし、大切な友人ではあるけれど、あまり踏み込んでもらうのも困る。
距離感って難しいよね。

コメント