わが家のリビングに仏壇がやってきた

わが家のリビングに仏壇がやってきた

スポンサーリンク
[広告] 当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。

夫が亡くなった時、わが家には仏壇もお墓もありませんでした。
お通夜、葬式までは葬儀屋さんに助けてもらいながらなんとか執り行うことができましたが、これから先、どうしたらいいんだろう。

義母に聞いても「よくわからない」とのこと。
義母くらいの年齢の人は、仏さま関係の用事を大切にする世代じゃないの?
と思っているのは私だけなのかなぁ。
意外にも義母はあっさりでした。淡泊すぎるくらい。

私の母方の親族は冠婚葬祭の行事を大切にする人たち。
私の結婚式を簡略化して、しこたま怒られた。
なので仏事も省略すると何と言われるかわからない。

義理の実家とのあまりのギャップに戸惑ってしまいました。

リビングにおける仏壇探し

四十九日法要はわが家で執り行おう。
そのためには「仏壇を準備しなきゃ」と思って、仏壇を見に行きました。

何となく、仏壇はリビングに置こうと決めていました。

訪問看護の人やケアマネさんに、
「仏壇はリビングにあったほうが、いつでもお参りできるからいいよ」
って教えてもらったんです。

なのでコンパクトなものを探しましたが、小さくても結構なお値段。
仏具も揃えて、四十九日には間に合いました。

仏壇屋さんによると、わが家の場合、四十九日を自宅で行いたい。
お寺さんを呼んでお経をあげてもらいたいという場合には、仏壇の中身がお寺と同等になるような仏具がいるのだそう。

もし、法要をお寺で行い、家では簡易的にお参りする程度だったら、もう少し略式で揃えてもよかったとのこと。
そんな難しいことよくわからない。
いいも悪いも仏壇屋さんのいいなり。

ネットで仏壇を見ていたらシンプルなものもあって「こんなのでよかったのでは?」と一瞬思いました。
ニトリにも仏壇売ってあるのには驚いたけど。

残された者としては、リーズナブルな方がありがたいけど、お義母さんが安っぽい仏壇見て「息子が軽く扱われている」と気分を害されるのもよくない。

高いなぁと思いつつもそれなりの値段の仏壇を購入。
仏壇が届いたので安心しました。

夫はいつも私たちを見守ってくれています。

コメント